卵子は年々老化してしまう?!

受精には健康で質の良い卵子が必要になります。しかし、卵子は年々老化していってしまいます。卵子を健康的に保つことが妊娠への第一歩です。日々の生活の中で気をつけることで卵子の老化は防ぐことが出来るのです。

卵子の老化の症状と現象は?

卵子の元となる細胞が体内にあり、その細胞は生まれた時から新しくなるということはありません。そのため、年齢を重ねると共に卵子も老化していきます。ストレスや偏った食生活、体の冷えや喫煙などによっても卵子の老化は加速してしまいます。卵子が老化してから若返らせることは不可能ですが、現状を維持していくことは可能です。

しかし、卵子の廊下は病気などではないので体が老化していくのと同様の自然現象です。痛みなどは一切ないので気づきにくいでしょう。一つの目安としては、生理周期が安定していたのに、突然生理不順になった場合には卵子の老化が疑えます。またセルフチェックのポイントとしては生理周期、経穴の量の変化、髪の潤いが減った、肌にニキビが増えたなどといった項目が挙げられます。正確に卵子の現状を知りたい場合には、病院でAMSという卵巣年齢検査というものを行ってもらいましょう。血液検査なのですが、保険適応外なので5000円から10000円ほどの費用がかかります。検査を行っている産婦人科と行えない所があるので確認しましょう。

卵子の老化は生活の中で止められる!

卵子を若返らせることは不可能ですが、老化を妨げることと現状を維持していくことは可能です。食事の面では老化を防ぐための食材というものがあります。抗酸化作用というサビを防ぐ力のあるものが効果的で代表的なのはビタミンを多く含む食材です。柑橘類、アボガド、トマト、人参など他にもたくさんありますが、中でもアボガドには生殖に関わりのあるビタミンEが豊富に含まれているので、特に積極的に摂取すると良いでしょう。

また、冷たい飲み物やアイスクリームなどの冷たい食べ物は避けた方が良いです。冷たい食べ物は卵子にとっては天敵です。飲み物は常温で飲むようにしましょう。生活の面では体の冷えはよくありません。常に体を温めることを意識すると良いです。例えば入浴はシャワーのみにせず湯船に浸かると良いです。また冬の体の冷える時期には睡眠時に湯たんぽを活用すると良いでしょう。卵子の老化は妊娠と大きな関わりがあります。卵子が老化してしまい数が減少してしまうと、妊娠の確率は格段に低下してしまうので気をつけましょう。

INFORMATION

2016/06/25
卵子提供をサポートする医療費免除とは? ページ更新しました。
2016/06/18
代理出産を通じて夫婦の実子を授かる ページ更新しました。
2016/06/12
凍結胚移植とはどんなもの?! ページ更新しました。
2016/06/09
エッグドナーは命をプレゼントするボランティア ページ更新しました。
2016/06/01
将来の妊娠のために卵子を保管しておこう! ページ更新しました。
Page Top